スポンサーリンク

【環境トップ】ポケモン剣盾ダブルバトルはギルガルドが最強?使用率トップに!

スポンサーリンク




こんにちは、ぐっちです。

久々のポケモン記事ということで、すごくワクワクしながら記事を書いています。

今回はポケモンソード・シールドのダブルバトル環境を予測し、刺さるポケモンを発見したので共有します。

皆さんもぜひ参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク

 

ポケモン剣盾ダブルバトルはギルガルドが刺さる!

ギルガルド はがね・ゴースト
とくせい:バトルスイッチ(戦闘中、攻撃技を使うとブレードフォルムに、キングシールド使うとをシールドフォルムになる)

シールドフォルム:H60 A50 B150 C50 D150 S60 = 520

ブレードフォルム:H60 A150 B50 C150 D50 S60 = 520

ポケモンソード・シールドのダブルバトルにおいて、なぜギルガルドが環境に刺さるのか?

理由は3つありますが、3つ目が特にヤバいのでぜひ読んでください!

 

天敵が消える?

ポケモンソード・シールドでは全てのポケモンが登場するわけではありません。

つまり、リストラ互換切りされることが決まっています。※互換切りについて、この記事ではとくに触れません

なかでも互換切りされるのでは?と予想されているポケモンの「ランドロス」と「ガオガエン」は、ギルガルドにとって天敵です。

前作のウルトラサン・ウルトラムーンではZクリスタルのおかげで、ランドロスが打ちにくかった”じしん”を高火力単体技として放つことができるようになってから、ギルガルドが非常に動きづらくなりました。

ガオガエンはタイプ相性が最悪で、ギルガルドのせいなるつるぎも普通に耐えてきます。

どのパーティにも自然と入り、使用率80%以上のこの2体がポケモン剣盾で登場しないとなると、ギルガルドが刺さるパーティは増えます。

つまり、ランドロスとガオガエンが消えることで、ギルガルドが相対的に強くなることが一つの理由といえます。

 

メガシンカとZクリスタルが消える

メガシンカとZクリスタルはポケモンソード・シールドでは登場しません。

メガシンカはいうまでもなく強く、Zクリスタルはどのポケモンからもびっくり高火力技が飛んでくることから、耐久寄りのポケモンは動きづらい環境でした。

それが消えることで、高火力技を押し付けづらくなった剣盾環境では、ギルガルドを処理することは容易ではありません。

弱点が少ない優秀な複合タイプと、クレセリア以上のぼうぎょ・とくぼう種族値を持つギルガルドは、受けサイクルにも活躍してくれそうです。

はがね・ゴーストのタイプ相性表

《弱点×4》
なし

《弱点×2》
ほのお、あく、じめん、ゴースト

《いまひとつ×1/2》
ひこう、いわ、はがね、くさ、エスパー、こおり、ドラゴン、フェアリー

《いまひとつ1/4》
むし

《こうかなし》
ノーマル、かくとう、どく

半減以下で受けれるタイプは合計12種類!やばすぎ!

 

ダイマックスが効かない!

ここが一番のポイントです!

メガシンカとZクリスタルが無くてもダイマックスでいけるでしょ!

→ いいえ無理です。

まず、ポケモンがダイマックスするとどうなるかをおさらいしましょう。

  • 一部?能力値が上昇する
  • ひるまない
  • 技がタイプに応じたダイマックス技に変化する(全体攻撃)
  • ダイマックス技を守ると、守り切れずにダメージを受ける(1/4のダメージ)
  • 3ターン後、元の姿に戻る

この3つ目のダイマックス技に注目してください!

ダイマックス技は全体攻撃になるので、ギルガルドのワイドガードで防ぐことが出来ます。

極端な話、ダイマックスしている3ターンの間、ギルガルドはワイドガードをし続ければ、それだけで相手のダイマックスを完封することができます。

他にもワイドガードを覚えるポケモンはいますが、その中でも非常に優秀なのがギルガルド。

皆さんもぜひ育ててみてください!

 

ダブルバトル用ギルガルドの育成論は?

前作までだと、大きく2つのギルガルドが存在していました。

「ゴーストZギルガルド」と「たべのこしギルガルド」です。

単純に、攻め型か受け型かの違いなのですが、この2種が最もメジャーかつ強い育成方法でした。

攻めガルド

ポケモンソード・シールドではZクリスタルはありませんので、代替は「いのちのたま」「きあいのタスキ」「じゃくてんほけん」「ダイマックス型」が定番なのかなと思っています。

努力値配分はお好きなようにしてもらっていいと思います。きあいのタスキならCSぶっぱでいいですが、他の方は役割に応じた耐久調整や素早さ調整をしなければなりません。

技構成はこれらが強いと思います↓

  • シャドーボール
  • ラスターカノン
  • せいなるつるぎ
  • かげうち
  • シャドークロー
  • アイアンヘッド

 

受けガルド

私も愛用しているどくまもみがガルドです。

基本的にHDぶっぱで持ち物はたべのこし。場持ちが良く、あらゆる攻撃を耐える鉄壁君にします。

技構成は↓

  • シャドーボール
  • どくどく
  • みがわり
  • キングシールド

が鉄板ですが、上記のダイマックス対策をするなら、シャドーボールかみがわりがワイドガードになるのかなって気がします。

技構成も、パーティの役割に応じて決めるのが当たり前なので、一概にコレだ!と言えませんので予めご理解ください。

もしワイドガードを使わなくてもダイマックスの処理ができるのであれば、ワイドガードを無理して入れなくてもよさそうです。

 

まとめ

いかがでしたか?

ギルガルドはポケモンソード・シールドで間違いなく使用されるポケモンです。

パーティの相性補完にもピッタリのポケモンなので、育てておいて損はありません。

ギルガルドの流行を逆手にとって、ギルガルドメタ構築をつくっても面白いかもしれません!

ただギルガルドメインのパーティってのはおそらく無いので、メタるほどでもないかなと思ったり思わなかったり。

 

以上、さいごまでお読みいただきありがとうございました!

ぐっち

 

 

 




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です