スポンサーリンク

道路に段差解消プレートは違法?解決方法や対策と費用も!

スポンサーリンク




道路の段差によく設置してある段差プレートやブロックのようなものはご存知ですか?

車が上がりやすいように設置している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実はこれ、道路交通法違反になる可能性があるので、ご注意ください。

この記事では、段差ブロックと道路交通法違反について、実例も交えながらまとめてみたので参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

段差解消プレートとは?

段差プレートとは、主に道路の段差を解消する目的で使用されているプレートです。

車や自転車、バイクや車いすに乳母車など、様々な人の助けになっているプレートです。

デメリットもある

段差プレートはとても便利で多くの人の助けになっている反面、非常に危険な物でもあります。

例えば、雨の滑りやすい日に段差プレートを使用したら滑って転んだという事例は少なくありません。

また、歩行者以外にも、特に自転車なんかは角度を間違って登ろうとするとタイヤが滑って転倒し、最悪骨折する事例があります。

実際に段差プレートで転倒しケガをした人が、設置した人に訴えを起こしたというケースが実例としてあります。

便利な段差プレートですが、危険性を含んでいます。

 

段差解消プレートは違法?

結論から言うと道路交通法第四十三条に抵触する可能性があります。

道路交通法第四十三条

何人も道路に関し、左に掲げる行為をしてはならない。

  1. みだりに道路を損傷し、又は汚損すること。
  2. みだりに道路に土石、竹木等の物件をたい積し、その他道路の構造又は交通に支障を及ぼす虞のある行為をすること。

この”2″に該当する可能性があります。

 

段差解消プレートのせいで書類送検された実例

大阪府堺市で、ミニバイクの大学生が車道と歩道の段差解消ブロックに接触して転倒し、車にはねられた死亡事故について、段差解消ブロックを設置していた飲食店経営者が道路交通法違反(道路での禁止行為)容疑で書類送検された事例があります。
起訴状などによると、飲食店経営者は堺市の国道に面した店の前に、駐車場に出入りする車両用の段差解消ブロックを設置していました。
捜査では「ミニバイクは段差解消ブロックを避けられた。」などと判断されましたが、Aさんの両親の申立てを受けた堺検察審議会は、「歩道の切り下げ工事をすべきだった」として再捜査を求めていたものです。

引用元:兵庫県HP

こんな実例がありました。

段差解消プレートを設置した人に責任が問われましたが、この件は誰にでも起こりうる事例だと思います。

よかれと思ってやっていたことが実は違法で、かつ責任を問われる場合もあります。

もし設置されている方がいらっしゃれば、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

段差解消は切り下げ工事で解決

ここまで、段差解消プレートの違法やデメリットを書いてきました。

それでも段差に困っていて、段差は解消したいという方に、解決策を共有いたします。

切り下げ工事

段差解消切り下げ工事とは、県の土木事務所や自治体に届けだすことで施工することができます。

ただ、自費になりますので注意が必要です。行政側はあくまで、工事を許可するだけの様です。

段差解消プレートの撤去と、切り下げ工事のお願いは各県で呼びかけを行っています。

大事に至る前に対策されてみてはいかがでしょうか。

 

切り下げ工事の費用

切り下げ工事の費用は歩道の切り下げ幅にもよりますが、おおよそ30~40万円と言われています。

諸経費は以下となります。

  • 役所申請手続き
  • 図面設計費(提出用)
  • ガードマン配置
  • 歩車道ブロック新設
  • 既存ブロック処分費
  • 工事代
  • 諸経費(運送代、重機リース代など)

業者によっては、ガードマンを雇わないだとか色々やり方はあるかと思いますので、安くなる場合もあります。

ただ、最低でも20万円以上は掛かるものと思っていて良さそうです。

※切り下げ場所に電柱や樹木がある場合は、それらの撤去作業も入りますので費用が跳ね上がります。

 

まとめ

いかがでしたか?

今までとても便利に、多くの人が使用していた段差解消プレートですが、実は違法だったりデメリットが存在していました。

また、切り下げ工事はかなりの費用が掛かり、なかなか思い切れないですよね。

ですが、万が一という場合もありますので、ご検討してみてはいかがでしょうか。

わたしの祖父母の家が、段差解消プレートを設置している家でしたが、いつのまにか撤去されていて切り下げ工事が行われていました(笑)

以上、さいごまでお読みいただきありがとうございました!

ぐっち

 




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です