スポンサーリンク

外で食べる弁当のおかずにオススメは?手軽で簡単なメニューを紹介!

スポンサーリンク




秋といったら行楽シーズン!

涼しくなり、外出するのが気持ちのいい季節なのでお出掛けする人は多いのでは無いでしょうか。

恋人や友人、ご家族と共に、思い出を収めるカメラと美味しいお弁当を持ってお出掛けするのはとても楽しいものです。

この記事では、紅葉狩りに持っていくと喜ばれるお弁当を紹介いたします!

メニュー選びに悩んでいる方は参考にしていただければと思います!

 

スポンサーリンク

 

おにぎり

お弁当メニューで定番の一品といえば”おにぎり”です。

紅葉狩りでお弁当といえば、ほとんどが外でレジャーシートなどを広げて食べるのでは無いでしょうか。

箸が不要で、片手で美味しく食べられるおにぎりは外出先でもストレスフリーで食べることが出来ます!

“いつものおにぎり”でも十分だと思いますが、せっかくの紅葉狩りなので少し変わった具材に挑戦してみてはいかがですか?

ベーコンおにぎり

カリッと香ばしく焼いたベーコン(千切りor厚切り)を入れたおにぎり。

これはわたしが学生の時によく食べていたお弁当でした!疲れた体にしみるベーコンのしょっぱさとご飯の相性が抜群です!

紅葉狩りは結構な距離を歩くスポットもあるので、身体的な疲れがドッときます。

そんな体にはちょっとしょっぱいぐらいのベーコンおにぎりは喜ばれると思いますよ!

 

味玉マヨおにぎり

食べ盛りのお子さんや男性の方に作られる際にオススメのおにぎり。

濃厚な味玉にマヨネーズと、ちょっとこってりしすぎかな?と感じられるかもしれませんが、味は抜群!

某コンビニエンスストアでも人気メニューとしてありますが、ご家庭でも簡単に作れるのでいかがでしょうか。

コツとしては、マヨネーズはほんの少しだけで良いですよ!

ラーメン屋さんの味玉の作り方はとても簡単で、沸騰したお湯に卵を入れて7分20~30秒後に取り出しましょう!

そしてすぐに冷水に入れて殻をむき、めんつゆやニンニク醤油に1日漬けておけば完成です!

 

エリンギバターおにぎり

秋が旬のエリンギをバターで炒めておにぎりの具にすると、やみつきになること間違いなし!

おにぎりの中に入れておくと、エリンギのだしが染みたバターが中で広がり、美味しいバターライスを食べているような味になります!

お弁当はつくってから時間が経って食べる物なので、相性抜群なのです。

個人的に大好きなおにぎりですが、おにぎりにしなくても別で良いなんて人もいらっしゃるので、相手の好みに合わせてご検討ください!

 

サンドウィッチ

最近、お米よりパン派の人は増えています。

そんな方には、お弁当で定番のサンドウィッチですね!

サンドウィッチはおにぎり同様、片手でパクパク食べれるほか、色々な味を楽しめるので食事中も楽しくなります!

サンドウィッチの変わり種

サンドウィッチはアレンジの幅が大きく、結構何でも合う便利なメニューです(笑)

ランチパックが最たる例で、味のバリエーションは約1300種類もあります。

なので私の乏しい知恵より、ランチパックの種類からヒントを得てはいかがですか?

念のため、アイデアはいくつか紹介します!

サンドウィッチバリエーション

  • ハンバーグ
  • ナポリタン
  • たまご
  • ツナ
  • ハムレタス
  • 甘いクリーム系(生、チョコなど)
  • カツサンド

すいません!定番しか思いつきませんでした!

 

玉子焼き

お弁当のド定番メニュー。これで作り手の力量が測れるとうわさの恐ろしいメニューです(笑)

少し大げさになりましたが、玉子焼きというのはどこでも”その家の味”があるわけです。

男性は彼女の玉子焼きを食べると、その人の家を想像する場合があります。

料理の上手さは今後の関係に大事になる要素のひとつなので、ここでガッチリ相手の胃袋をつかんでやりましょう!

甘い玉子焼きか出汁巻き卵か

好きな玉子焼きの味を語る上で、必ず分かれるであろうこの2つ。

人それぞれに味の好みはありますので、事前に調べておきましょう!

もし相手の好みがだし巻き卵だった場合、つくるのが大変なので練習しておいたほうが良さそうです。

火力に注意!

卵焼きを作る際に最も重要なのは火力です。

特に出汁巻き卵は出汁が入っているため固まりづらく、しかし焼きすぎると焦げ目がついてキレイな出汁巻き卵をつくることができません。

でもまあお金をいただいて提供する料理ではありませんので、美味しければ何でもいいと思いますよ!

 

ハンバーグ

子どもから大人まで大人気の定番メニューハンバーグ!

個人的に好きな食べ物ランキング第2位にランクインしているぐらい好きなのですが、お弁当箱を開けたときにハンバーグが入っていたら、たとえそれが冷凍食品のハンバーグでも嬉しくてテンションがあがります!

ですが、ハンバーグは非常に手間が掛かるおかずとなっており、朝からつくってお弁当にいれるというのは現実的ではありません。

前日に仕込んでもいいですが、ソースなどもありますから、結構大変です。

そこまで頑張らなくてもいいと思いますが、どうしても本格的なハンバーグをお弁当に入れたい!という人はよかったら参考にしてみてください!

冷凍食品のハンバーグも十分美味しいですよ!

美味しいハンバーグを作るコツ

ではご家庭で本格的な美味しいハンバーグを作るコツをご紹介します!

肉の割合は、牛肉:豚肉=7:3

通称ゴールデンバランスと呼ばれるこの比率は、スーパーなどで売られている合い挽きのひき肉もこの比率が多いです。なのでそこまで気にする項目ではありませんが、念のため書いてみました!

玉ねぎに注意

ハンバーグを作る際にかなり重要な要素のひとつが“玉ねぎ”です。

玉ねぎのみじん切りをじっくりアメ色になるまで丁寧にソテーすると、とっても甘くておいしくなります。

玉ねぎをどれくらい炒めるかによって、ハンバーグの味が大きく変わることを頭に入れておいてください。

なお、玉ねぎは生で使用して食感を残したい!という方はそれでもかまいません。それでも問題なく美味しいハンバーグができます!

その際に注意するポイントとしては、水分です!

みじん切りした玉ねぎはザルにいれて上から押しつぶすように力を加えて水分を出します。

パン粉を入れる

つなぎにパン粉を入れると仕上がりがふっくらして大変美味しくできますよ!

焼いた肉からでる脂や肉汁を吸ってくれて口当たりをよくしてくれます。適度に入れるのがポイント。

ひき肉の量に対して1割くらいがベスト!

 

お弁当のおかずにハンバーグは絶対喜ばれる!

お弁当のおかずに本格的なハンバーグが入っていたら、特に男性はとっても喜ぶでしょう!

こんな手間をかけてわざわざ自分のために・・・。(涙)と必ずなります。

ソースは市販のものでじゅうぶんだと思います。ハンバーグに時間をかける分、さらにソースもとなると最早お弁当ではなく普通のごはんとして出した方がいいレベルになります(笑)

自慢の手作りハンバーグを出して相手をびっくりさせましょう!

 

 

鶏のから揚げ

これがお弁当に入っていたら喜ばない人はほぼいない、定番おかずの唐揚げ。

唐揚げは油を使う料理なので、朝から準備するのは少し億劫ですが、

手間が掛かっている分、手に与える印象はかなりいいでしょう。

唐揚げは前日にタレにつけておき、朝に高温でカラッとあげましょう!

本格的な唐揚げをつくりたいなら、二度揚げして相手の舌をうならせましょう!

ジューシーな唐揚げを作るコツ

ご家庭で作る唐揚げでジューシーな唐揚げを作るコツはご存じですか?

  • 良い鶏肉を使う
  • 味付け
  • 新鮮な鶏肉を使う

これらは美味しい唐揚げを作るための重要な要素であることは間違いありません。

しかし、ジューシーな唐揚げを作るにはあまり関係がありません!

唐揚げのみならず、お肉料理全てに言えることですが、肉の「柔らかさ」「ジューシー」に必要なのは、”水分”と”油分”です!

一般的に肉汁というと、肉の油脂が溶けたものと思いますが、お肉が持つ水分も肉汁の大事な要素です。

では何を使用して仕込みをすれば良いのでしょうか。それはブライン液を用いることで解決します。

ブライン液というのは、水・砂糖・塩を100:10:5の割合で混ぜることで作ることができます。

カットした鶏肉をボールなどに入れてブライン液に浸し、やさしく揉みこむだけです。そのあとはいつも通り下味をつけて調理を進めるだけでいつもとは一味ちがった唐揚げを作ることができます!

たったこれだけの手間で本格的な唐揚げが作れますので、よかったらぜひお試しください!

 

 

サイコロステーキ

子どもから大人まで大好きなお肉!特に男性が好きなイメージですが、最近は女性の間でお肉ダイエットという言葉が流行っているぐらい老若男女で食べられています。

サイコロステーキはひとくちサイズなので食べやすく、見た目も可愛らしいのでお弁当にピッタリのおかずではないでしょうか。

調理も基本的に焼くだけで簡単につくれるので手間も掛かりません。

個人的にお肉は大好きなので、お弁当のフタを開けた時にステーキが入っていたらそれだけでテンションが上がります!!

ステーキはソースでアレンジ!

サイコロステーキは焼くだけなので、アレンジができないと思われがちですが、そんなことはありません。

ソースにこだわればいいんです!

ステーキのソースといってもたくさんありますが、簡単にできちゃうものを紹介します!作り方は調べてください!

  • ニンニク醤油
  • 和風ソース
  • 焼肉のタレ
  • 赤ワインソース
  • バルサミコ酢
  • オニオンソース

 

サラダ

子どもや学生に作るならあまりオススメできませんが、20~40代の人に向けてお弁当を作るならおかずにサラダがおすすめです!

20代を超えると、疲れた体にがっつりしたものがあまり食べられなくなります。

サッパリとしたものを欲するようになるので、男性だからといってがっつりしたものを作れば喜ぶと思うのは注意しましょう!

最近は物理的な意味の草食系男子が流行っています。つまりベジタリアンですね。

肉とか脂っこいものはちょっと。。。という人が多いので気を付けたいものです。

サラダなら女性も一緒にヘルシーに食べられて、かつそのあとの運動にも負荷をあまりかけません。

サラダなら作るのも簡単ですし、本当に色々なサラダがありますので自分なりのオリジナルサラダを作って相手を喜ばせましょう!

 

サラダの種類

  • シーザーサラダ
  • 和風サラダ
  • 中華風サラダ
  • キノコとベーコンのサラダ
  • コールスロー
  • グリーンサラダ
  • ポテトサラダ
  • パスタサラダ

これらはパッと思いついた定番サラダですが、もっともっと色んなサラダがあります。

お弁当のおかずの彩を兼ね備えた大事な役割を担うサラダなので、むしろ主菜よりサラダをメインにつくったほうがいいかもしれませんね!

 

麺類

麺類はほとんどの人が大好きですが、まさかお弁当に入っているとは思いません。

想像もつかない大好物がお弁当から出てくれば、相手はとても喜ぶでしょう!

お弁当にしやすい麺類を考えてみたので、参考にしてください!

焼きそば

これはお弁当のおかずとしては定番なのではないでしょうか。

簡単に作れますし、冷えてもおいしく食べることができます。

青のりや紅ショウガで簡単に味変できるのが相手に飽きさせないで全部食べてもらえるのでいいですね!

他のアレンジとしては、オムそば・あんかけ焼きそば、麻婆焼きそばなど何でも合いそうなのでオリジナルの焼きそばを振る舞ってみてはいかがですか!

 

ナポリタン

こちらもお弁当のおかずとしては定番メニューです。

実際に冷凍食品などで商品化されているぐらい、人気のおかずです。

作り方も比較的簡単ですが、欠点としてはピーマン問題ですね。

好き嫌いがはっきり分かれる苦手野菜の代表的なピーマンですが、特に子どもには注意したいものです。

ピーマンが入っているだけで、全部食べてくれなくなる場合があるので、ピーマンはリサーチが必要です!

あと、せっかく楽しい紅葉狩りにきているので、わざわざここで好き嫌いを克服させようと無理にピーマンを入れるのは辞めましょう。

それはただのエゴで、子どもにとってその日が台無しになります。誰のためにきているかを改めて考えて楽しい遠足にしましょう!!

 

煮物

煮物は”家庭の味”代表のメニューではないでしょうか。

煮物はお弁当によく入れられる定番のおかずですが、前日から仕込むのが面倒なため敬遠されがちです。

しかし大変な分、相手に与える印象には絶大な効果があるでしょう。

男性代表で言わせてもらうと、彼女が作ってくれたお弁当の中に手間のかかる煮物が入っていたらめっちゃうれしいです!

自分のことをよく考えてくれているんだな、と深く実感します。

煮物、肉じゃがが美味しく作られていれば、本当に料理の上手な人なんだ!とさらに好きになってくれると思いますよ!

調味料の黄金比率まとめ

煮物を調味する際の基本といえば”さ・し・す・せ・そ”です。

さ=砂糖、し=塩、す=お酢、せ=醤油、そ=味噌のことを指しており、この順番で調味料を足していくと、おいしく仕上げることができます。

理由ですが、砂糖は塩より食材に染み込むのが遅いため、砂糖の次に塩。という順番になっています。酢・醤油・味噌は長時間火にかけると風味が飛んでしまいますので、最後の方に加えたほうが良いとされています。

筑前煮などの一般的な煮物

【だし10:醤油1:みりん1】

落としぶたをして、弱火でコトコト煮詰めれば、だしの風味を残した上品な味わいに仕上がります。

肉じゃが

【だし10:酒1:醤油1:みりん1】

酒を加えることで、本格的な甘辛い味付けになります。

魚の煮物

【醤油1:酒1:砂糖1:みりん1】

加える水の量は調味料の倍がベストです。魚の旨味はそのままに丁度いい濃さの味付けに仕上がります。

 

 

 

 

味噌汁・スープ

紅葉狩りの季節・秋は少し肌寒いです。

お弁当も、保温のものでなければどうしても冷たくなり、少しもったいない感じがします。

しかしスープジャーを用いて味噌汁かスープを一緒に用意することで、かなり喜ばれます!

女性はスープが大好きですし、男性はご飯のお供にお味噌汁がついているとなれば喜ばない人はいません。

簡単なスープでもかなり嬉しいので、ぜひご検討してみてはいかがですか?

コンソメスープ

コンソメスープは市販の素を使えば簡単につくることができます。

コンソメスープが食べられない人は少ないと思いますので、お弁当にもっていくには鉄板かなと思います。

具はベーコン、キャベツ、旬のキノコなどはどうでしょうか。調理もカットするだけで簡単なのでオススメです!

 

もやしの味噌汁

個人的に大好きな味噌汁なので紹介します!

一番好きな味噌汁は、シンプルにわかめと豆腐と少しネギが入ったベーシック味噌汁なのですが、それではありきたりなので2番目に好きなもやしの味噌汁にしました!

少し食感の残った柔らかいもやしと美味しい出汁が最高な一杯です!

ここで一つ申し上げたいのですが、個人的に味噌汁にジャガイモと大根はNGです。

ジャガイモは変な味が出て、せっかくの美味しい出汁が台無しになりますし、大根も同様です。

結構賛同してくれる人は多いのではないでしょうか。妙な固定観念にとらわれずに美味しい味噌汁を作りましょう!

 

果物

紅葉狩りで疲れた体には甘くておいしい果物が最高です!

秋が旬な果物は人気の果物が多いので、果物メインでお弁当メニューを考えてもいいかもしれません。

長距離を歩いて疲れていた場合、がっつりしすぎていると食べきれなくなり相手に気を使わせてしまう場合があります。

その点、果物なら疲れていてもパクパク食べれるのでオススメです!

秋が旬の果物

  • イチジク
  • ブドウ
  • リンゴ
  • アボカド
  • ドラゴンフルーツ
  • 柚子
  • ザクロ

 

手作りお菓子

お弁当のみならず、おやつのお菓子を作ってきたら大変喜ばれることでしょう!

すこし頑張りすぎな感じもしますが、ガツガツいって是が非でも落としたい相手には一考の余地ありですね。

わたしは食べるのが大好きなので、お弁当とお菓子を作ってきてもらっても「こいつ、重いな」とは全くなりません!

むしろ好きになっちゃいます!

 

クッキー

クッキーは女性なら一度は作ったことのある人は多いのではないでしょうか?

意外と簡単につくれて美味しいお手軽お菓子です!

美味しいのでついついバクバク食べてしまいますので、口の中がパサパサになります。

その時にスッとドリンクも出してあげると超ポイント高いですね!!

 

チョコレート

疲れた体にはこれ!甘いのが本当に美味しいんです。

ただ、男性にとってちょっと甘すぎると感じるチョコレートを意外と好きじゃないという人が多いので注意が必要です!

逆に甘党の人にはベストな選択となりますのでお弁当だけでなく、小腹を満たすお菓子類なんかも検討してみてはいかがですか。

 

手作りウエハース

某交換〇人ゲームのドラマです。はい。

無かったことにしてください。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

定番メニューから少し変わったアレンジを紹介しました!

少しでも参考になれば嬉しいです。

以下まとめです。

まとめ

  • 少ししか歩かないスポットならがっつりでも良し!
  • 長距離を歩くスポットなら果物メインがいいかも!
  • 味噌汁・スープがあるとポイント高い!
  • 相手の好みはしっかり調査!
  • あまり気張らない!

最後になりましたが、あまり気負わない方がいいですよ!

お弁当をつくるあなたばかりが気負って、当日疲れてあまり楽しめなかった!なんてのは本末転倒です。

しっかり楽しんで、美味しく食べて、令和最初の秋を思いっきり楽しみましょう!

 

以上、さいごまでおよみいただきありがとうございました!

 

ぐっち

 




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です