スポンサーリンク

2020年今年の冬は雪が降らない?暖冬の影響と降雪量を予想!

スポンサーリンク




2019年今年の夏は記録的な猛暑と大規模な台風や豪雨による洪水と、自然の厳しさを思い知らされました。

では次に気になるのは令和初の“冬”です。

冬と言えば、クリスマスや大晦日、正月など楽しいイベントはありますが、心配事も多いです。

豪雪やマイナス気温は夏の台風に匹敵する災害といっていいでしょう。

この記事では今年の雪がどうなるか、暖冬なのかを予想したので参考にしていただければと思います!

 

2019年2020年今年の雪予想は?暖冬と降雪量を大胆予測!

2019年8月21日

 

スポンサーリンク

 

猛暑の年は豪雪になる?

夏が暑いと冬は豪雪になる。結論から言うとそんなことはありません。

しかし、気象庁に記録されているデータでは、そのような傾向の年が多いことは事実です。

というのも2017-2018年の冬といえば、記録的な豪雪がありました。

新潟県では信越線の電車が豪雪により、14時間立ち往生する事件が発生したあの冬は、わたしにとって衝撃的でまだ昨日のことのように感じます。

 

2017-2018冬はどうだった?

まずは2017-2018冬の簡単なまとめをご覧ください。

2017-2018シーズンの天候の特徴

・1月末に日本海側で記録的な大雪が降り、多くの地域がマイナス気温を記録した。
・太平洋側はよく晴れていたが、日本海側は記録的な大雪。気温は全国的にかなり低かった。
東京で稀に見る大雪。平年の降雪量約10cmに対して約23cmも積もった
※詳細は気象庁ホームページ

このように、2017-2018年は全国的に低い気温でさらに豪雪に見舞われた年となります。

関東でも稀にみる大雪を観測し、都市圏では大規模な交通マヒが発生し、通学通勤などに大きな影響がでました。

 

2017年夏は?


※引用元:weathernews

画像は2017年7月下旬~9月までの気温データです。

赤く染まっている地域は平年よりやや高いという地域です。

画像を見れば一目瞭然ですが、全国的にほぼ平年より高いとされています。

黄色は平年よりやや高いなので、全国的に気温が高かったのは言うまでもありませんね。

昔と違い、いま日本では厳しい夏が毎年訪れていますが、2017年も例外ではなかったようです。

 

 

猛暑と豪雪の関係は?

最初に申し上げた通り、関係は無いと思います。

猛暑だからと言って、暖冬・寒冬に影響はありません。

冬の気象予測はエルニーニョ現象ラニーニャ現象、および北極振動などの影響を加味しなければならないことから、非常に難しいと言われています。

ただ、毎年記録的な猛暑を記録している日本なので、冬も予想外な気温や降雪があっても何ら不思議ではありません。

冬は予報をしっかり確認し、豪雪による交通マヒや雪かきなど住居周りなど準備しておきたいものです。

 

今年の冬はどうなる?

今年、ラニーニャ現象は2019年6月に終息したと発表されています。

また、2019年8月9日に発表された気象庁のエルニーニョ監視速報によると、現在はエルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態であり、秋はエルニーニョ現象が発生する確率を60%と予想している。※以下画像参照


引用元:気象庁HP

 

エルニーニョ現象はラニーニャ現象の反対になるため、この現象が続くと冬は暖冬傾向になります。

このエルニーニョやラニーニャ現象に加えて、北極振動などの影響も加味しなければならないことから、冬の気象予測は難しいとされています。

2019年8月21日現在では、今年の冬は暖冬である確率が高いとされています。

しかし、今の日本は予測のつかない豪雪の可能性が十分にありますので、この記事では要警戒とさせていただきます。

毎日の天気予報とにらめっこし、また何か情報が入れば更新させていただきます!

 

まとめ

いかがでしたか?

少し読みづらい記事で申し訳ありませんが、下のまとめを見ていただければサクッと理解できるかと思います。

まとめ

  • 今年の冬は暖冬の可能性が高い
  • 今の日本の気候を鑑みると、予測不能な豪雪の可能性は十分にあり

と、この記事ではまとめさせていただきます。

備えあれば憂いなし。という言葉もありますので、警戒して置いて損はありません。

わたしは雪国育ちなので、豪雪にはなれていますが降らないに越したことはありません(笑)

車のタイヤがハマったときに使える板とスコップは車に搭載していますが、他に便利グッズがあれば記事で紹介していこうかと思います!

 

さいごまでお読みいただきありがとうございました!

 

ぐっち

 

 




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です