スポンサーリンク

煽り運転されたときの対処法は?あおり運転の罰則や対策と防止グッズも!

スポンサーリンク




いま全国的に話題となり問題になっている煽り運転。

煽り運転から暴力沙汰になるのはニュースに取り上げられますが、

通報されない、水面下にある煽り運転の数はかなり多いでしょう。

ただ、場合によっては自分が煽られる原因を作っている可能性もあります。

この記事では煽り運転されたときの対処法や対策、罰則や原因などをまとめたので、参考にして頂ければと思います!

 

スポンサーリンク

 

そもそも煽り運転とは?

煽り運転とは、故意に他車に嫌がらせをする行為です。一般的な煽り運転と言われているのは以下行為となります。

  • 先行者に対して車間距離をギリギリまで詰めて急かす
  • 先行者を執拗に追い回す
  • ハイビームやパッシングで相手を威嚇する
  • 幅寄せをして相手の走行を妨げる、停車させようとする
  • わざとスピードを落とし、後続車の走行を妨害、停車を促す
  • 不必要な断続ブレーキを行う

これに該当する行為をした、された経験は無いでしょうか。

煽り運転は立派な犯罪行為です。

場合によっては実刑判決の可能性もあるので、煽り運転は絶対に辞めましょう。

 

煽り運転によって適用される罰則は?

煽り運転は立派な犯罪行為となります。煽り運転によって適用される罰則を見ていきます。

 

道路交通法違反

煽り運転は、車間距離不保持により道路交通法違反となるケースが多いです。

道路交通法では、同方向へ進行する他の車両や歩行者の後ろを進行する際、前の車両などが急に止まったときにも衝突しない程度の車間距離を空けるべき(道路交通法26条)と、定められています。

車間距離を詰めて相手を煽る行為は、上記法の違反となります。(車間距離保持義務違反)

罰則としては、高速道路の場合、3か月以下の懲役または5万円以下の罰金(119条1項1号の4)一般道の場合は5万円以下の罰金が課されます(同法120条1項2号)。

 

暴行罪

つい最近に全国ニュースにもなり、加害者は全国指名手配もされました。

煽り運転だけにとどまらず、車を降りて相手に暴行を加える行為はもちろん、無理な幅寄せも暴行罪に適応されます。

暴行罪とは、人に対する不法な有形力を行使したときに成立しますが、無理に幅寄せをして相手を威圧や罵倒したりすることも、不法な有形力行使と認められる場合があるからです。

罰則としては、刑罰は2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料です(刑法208条)。

 

危険運転致死罪

軽はずみな行動が、人生を棒に振るケースがあります。

危険な煽り運転によって交通事故が発生し、被害者が死傷した場合には”危険運転致死傷罪”が成立する可能性があります

危険運転致死傷罪は、著しく危険な運転により事故を起こした場合に適用される犯罪で、主に酒酔い運転や無免許運転の場合が多いです。

罰則としては、被害者が負傷した場合には15年以下の懲役刑、被害者が死亡したときには1年以上の有期懲役刑となり、非常に重いです。

 

殺人罪

煽り運転が原因で被害者を死亡させた場合、殺人罪が適用される可能性もあります

現に、煽り運転によって殺人罪が適用されたケースはあります。

罰則としては、死刑、無期懲役、もしくは5年以上の懲役です。

 

煽り運転されないための対策

まず、煽り運転されないための対策を知りましょう。

煽られる原因は自分にあるかもしれません。根本を改善しなければいつまでも煽られる危険性があります。※当然、煽る方も悪いです。

ノロノロ走らない

ご高齢のドライバーに多いですが、車道を法定速度を遙かに下回るスピードで走ることです。

《スピードを出さない=安全運転》と、勘違いされている方は多いのではないでしょうか。

道路交通法が整備されている目的は、「安全」「円滑」のバランスを目指すものです。

道路交通法は、交通事故などの危険を防止するために「安全」を図ると同時に、交通の滞りを防ぐために「円滑」を図ることを目的とした法律です。

安全と円滑は、バランスが重要であり、安全を重視しすぎると円滑が損なわれ、逆に円滑を重視しすぎると安全が損なわれます。

例えば、法定速度60kmの道路を40kmで走行していれば、クラクションを鳴らされても仕方がないということです。それを、煽られた!と受け取るのはいかがなものかと思います。

注意事項
追い越し車線(右車線)を約3km以上走り続けていると、道路交通法違反になります。煽られる原因ともなりますので注意しましょう。

 

 

無理な車線変更は行わない

あ、道間違えた!と焦って突然車線変更するのは非常に危険な行為です。

無理な車線変更による、割り込みや急ブレーキが、後続車を刺激し報復行為される場合があります。

煽り運転のきっかけを作らないために、無理な車線変更はしないで、道を間違えた際は慌てずに対処していきましょう。

 

過度に距離を詰めすぎない

自身が煽っているつもりがなくても、相手が煽られていると感じたら煽り運転です。

合流地点や2車線以上の道路で、自分の前に車を入れたくないから詰めよう!なんて時はありませんか?

それは非常に危険で、過度に詰めれば先行車に煽られているという不安感を与えることになりますし、先行車との距離が詰まれば、ブレーキを踏んだ際に停車しきれずにぶつかる場合があります。

停止距離をしっかり把握したうえで、適切な車間距離を取り安全に走行することを心掛けましょう。

停止距離とは、

  • 時速30kmでは 約14m
  • 時速60kmでは 約44m
  • 時速100kmでは 約112m

とスピードが増える分だけ止まりにくくなるため延びていきます。また、路面が雨でぬれていたり、雪で覆われている雪道や凍結路面も距離が延びる要因となりますので、車間距離には十分に注意して走行しましょう。

 

後続車が急いでいる場合は道を譲る

先程、交通の円滑性についてお話ししましたが、ゆっくりドライブを楽しみたいときはあるもの。

そんな時に急いでいる後続車がいた場合は、ハザードランプをつけて道路脇に停車し道を譲ってあげましょう。

気にせずドライブを続けましょう!なんてことになると、煽られる原因となりますので、注意が必要です。

後続車が急いでいる簡単な見分け方は、車間距離を詰めてくることです。

ほぼ全ての急いでいるドライバーは、車間距離を詰めてきます。※危ないけどね

これについては個人のモラルの問題なので、こちら側でどうすることもできません。距離を詰めてきたら、スッと道を譲ってあげましょう。たまにハザードを点けて御礼してくるドライバーもいるので案外気持ち良いですよ!

 

車の窓からごみを捨てない

まず、こんなことを書く必要があるのかどうか。というレベルの話ですが、

以前、先行車が窓からタバコを捨てて、わたしの車についたという経験があるので一応書きます。

大前提として、ポイ捨ては絶対ダメです!

ポイ捨ては場合によって、軽犯罪法や道路交通法に違反し、罰金を取られます。

なので、法律には違反するし、煽られる可能性があるし、で良い事は一つもありません!

 

煽り運転された時の対処法

実際に煽り運転をされた時、ケースごとに対処法をまとめました!

かならずしもこれが正解!というつもりはありませんので参考程度にしてください。

素直に道を譲る

煽り運転をする、最も多い理由の一つが、前の車が遅い。だと思います。

後続車に車間距離を詰められたりハイビームやパッシングで威嚇された場合は、素直に道を譲りましょう。

それでも相手が追い越さずに執拗に追いかけてくる場合は、ドライブレコーダーやスマホで撮影し通報しましょう。絶対に車の外の出たり、窓を開けてはいけません!

 

気にせず平常通り運転する

自分が法定速度を遵守して走行していても車間距離を詰めて煽ってきた場合、譲りたくなる気持ちも分かりますが、周囲の状況をしっかい把握して判断しましょう。

たとえば、道幅が狭い道路や一車線道路では、無理に譲ろうとして停車すると反対車線への交通の妨げになります。

また、煽ってくる後続車に気を取られ、最も注意しなければならない前方の確認が疎かになり、事故につながる危険性があります。

自分に非が無いのに煽られている場合は、あまり相手にせずに平常通り運転しましょう。

あまりにしつこければ通報を視野に入れ、撮影などで証拠を押さえておくのは最適です。

 

車の窓を閉め、ドアロックをする

相手が攻撃的な態度をとってきた場合、無理やり停車させられたりした時に最もしてはいけないことが、

車から降りたり、窓を開けて相手と話をしようとすることです。

ニュースにもなったあの事件のように、窓越しに暴行を加えられたりされ暴行事件に発展しかねません。

煽り運転をしてくるような人は、かなり激高しているため普通ではありません。

まともに話もできないでしょうから、無理やり停車させられても落ち着いて通報しましょう。

車の中にいれば安全です。その時、撮影も忘れずに!ドライブレコーダーが無い場合は、携帯やスマートフォンで撮影しましょう!

 

警察にすぐ通報する

この記事内でしつこく通報通報といっていますが、これが一番だからです。

相手が執拗に追いかけてきたり脅してきたりして身の危険を感じたら、すぐに警察に通報しましょう

現在では煽り運転の厳罰化など、警察も煽り運転に対してかなり取り締まりを強化しているので、警察もすぐに駆け付けてくれるでしょう。

自分で解決しようとするのではなく、警察など然るべき機関に通報し対応を待ちましょう。

 

動画や写真などで記録に残す

煽り運転されたとき、ドライブレコーダー非搭載車であればスマホやカメラで必ず撮影しましょう。

先程も言った通り、相手はただでさえモラルが無い人間で、激高しているので話が通じるわけがありません。

警察が駆け付けた場合も、事実無根な言い訳をして逃れようとするでしょう。

そうなった場合、ややこしくなる前に記録したものを見せつけてあげるのです。

相手は即座に黙り込み、こちらを睨みつけるしか術が無くなります。

煽り運転をやられてもやり返さない。相手のレベルの低い土俵に立たずに、きっちり大人の対応をしましょう。

法治国家の日本では、暴力は無力です。

注意
過度な煽り運転をしてくるドライバーをののしっています。気分を害された方は申し訳ございません。

 

煽り運転を防止する便利グッズ

煽り運転を未然に防ぐ方法として、便利なグッズがあります。

それを車に装備するだけで、煽り運転される確率がぐんっと下がりますよ!

 

ドライブレコーダー搭載シールを貼る

方法も簡単で、効果抜群な手段です!

ただ、自分の愛車にシールを貼るという行為に抵抗がある人は少なくないです。

ですが、そのデメリット以上にメリットを感じられるこのシールは、いま人気急上昇中です!

デザインもシンプルから可愛いものまであります!興味のある方は検索してみては!

 

ドライブレコーダーを搭載する

いまや必需品になりつつある通称”ドラレコ”

煽り運転以外にも、駐停車中の事故やイタズラも全て撮影し、何が起こったかを確認することが出来ます。

お値段はピンからキリまで。安い物はAmazonで5,000円の物も見つけました!

この機会に検討してみてはいかがですか?

 

能面を配置する

これは少しネタになってしまいますが、面白かったのでご紹介!

煽ってきた相手に対し、霊的な反撃をしかけることで、激高した相手を撃沈できます。

かなり怖いので、これを車に配置するのはかなり抵抗がありますが、効果はありそう!

しかし、煽り運転していない、一般的な後続車にもダメージを与える可能性は高いので要検討ですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

煽り運転の被害に遭う確率は事故などと比べてかなり高いと思います。

いつ自分が被害に遭ってもいいように対策しても損はないです。

また、自分が煽り運転をする側になるのはやめましょうね!

以上、さいごまでおよみいただきありがとうございました。

 

ぐっち

 




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です