スポンサーリンク

2019年2020年今年の雪予想は?暖冬と降雪量を大胆予測!

スポンサーリンク




今年の夏は日本全国で記録的な猛暑を観測しています!

台風によるフェーン現象の影響により、気温40度を超える地域もありました。

暑い夏の年は大雪になる?そんな話を聞いたことはないでしょうか?

今回は猛暑と降雪の関係と、今年の雪の積雪量を大胆予想したので、参考程度に読んでいただければと思います!

 

スタッドレスタイヤはいつから履く?買い時や販売時期も!

2019年10月6日

2020年暖かくなる時期はいつから?冬の寒さはいつまで?予想してみた!

2019年9月18日

2019年いつから寒くなる?冬の時期や暖冬と降雪の予想も!

2019年9月17日

 

スポンサーリンク

 

2019年今年の冬は暖冬と発表!

2019-2020年の冬は暖冬の可能性が高いと発表がありました。

引用元:気象庁

 

2019年夏頃から暖冬の予想が立てられていましたが、気象庁からの発表内容にある通り暖冬である可能性が高いです。

昨年の冬(2018-2019)も暖冬であったため、昨年と同じ感じの冬。とイメージしてもらっていいと思います。

 

 

 

猛暑の年は豪雪になる?

夏が暑いと冬は豪雪になる。そんなウワサ話を耳にしたことはありませんか?

冬の雪が楽しみな、例えばスキースノーボードをやられる方の間では割りと有名な話しのような気がします。

また、雪国で育った方もよくそんな話をしています。というのも、私は新潟県の雪国育ちなので主に祖父母からそんな話を聞かされました。

あとカメムシが大量発生した年は大雪になるなんて話も聞いたことがあります(笑)※根拠はありません。

そこで、少し前のデータになりますが、2017年のウェザーニュースを見たあと2017-2018年の降雪量を調べました。

というのも2017-2018年の冬といえば、記録的な豪雪がありました。

新潟県では信越線の電車が豪雪により、14時間立ち往生する事件が発生したのはまだ記憶に新しいと思います。

 

2017-2018冬のシーズンはどうだった?

さて、まずは2017-2018冬の簡単なまとめをご覧ください。

2017-2018シーズンの天候の特徴

・1月末に日本海側で記録的な大雪が降り、気温もマイナスを記録する地域が続出した。
・太平洋側はよく晴れていたが、日本海側は大雪。気温も全国的にかなり低かった。
・東京で稀に見る大雪。平年の降雪量10cmに対して23cmも積もった
※詳細は気象庁ホームページ

このように、2017-2018年は全国的に低い気温でさらに豪雪に見舞われた年となります。

関東でも稀にみる大雪を観測し、都市圏では交通マヒが発生し不便を被った方も多いと思います。

 

2017年夏はどうだった?

まずはこちらの画像をご覧ください。


※引用元:weathernews

画像は2017年7月下旬~9月までの気温データです。

全国的に赤く染まっていることから、平年より高いことが分かります。

昔と違い、いま日本では厳しい夏が毎年訪れていますが、2017年も例外ではなかったようです。

 

 

猛暑と豪雪の関係は?

結論から言うと、関係は無いと思います。

猛暑だからと言って、暖冬・寒冬に影響はありません。

冬の気象予測はエルニーニョ現象ラニーニャ現象、および北極振動などの影響を加味しなければならないことから、非常に難しいと言われています。

ただ、毎年記録的な猛暑を記録している日本なので、冬も予想外な気温や降雪があっても何ら不思議ではありません。

冬は予報をしっかり確認し、豪雪による交通マヒや雪かきなど住居周りなど準備しておきたいものです。

 

今年の冬はどうなる?

今年、ラニーニャ現象は2018年6月に終息したと発表されています。

また、2019年8月9日に発表された気象庁のエルニーニョ監視速報によると、現在はエルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態であり、秋はエルニーニョ現象が発生する確率を60%と予想している。※以下画像参照


引用元:気象庁HP

 

エルニーニョ現象はラニーニャ現象の反対になるため、この現象が続くと冬は暖冬傾向になります。

このエルニーニョやラニーニャ現象に加えて、北極振動などの影響も加味しなければならないことから、冬の気象予測は難しいとされています。

2019年8月21日現在では、今年の冬は暖冬である確率が高いとされています。

しかし、今の日本は予測のつかない豪雪の可能性が十分にありますので、この記事では要警戒とさせていただきます。

私の地元新潟県は、昨年の2018-2019冬シーズンでは、ほとんど雪が降りませんでした!※一部地域を除く

なので、今年は大雪になるのでは?と心配している人が多く見受けられます。

 

カメムシが大量発生している!

 

これに関しては全くもって根拠のないオカルトになりますが、

いわゆる天気ことわざの中でカメムシが大量発生する年は大雪になるといわれています。

なぜそう言われるようになったか。詳しい理由は調べても分かりませんでした(笑)

しかし、多くの人がこの言い伝えを知っているのは事実です!

 

 

このように根拠もない話しが多くの人に広まっているというのは事実です。

私の祖父母や友人から、

今年はカメムシが多いから大雪になるかもね。という情報が入りました!

また、昨年の2018-2019の冬は暖冬小雪でした!(一部地域を除く)

本当に珍しいぐらい雪が降らなかったため除雪道具を大量に仕入れたところは涙を流している話も聞きます(笑)

そのようなこともあり、今年こそは大雪になるだろうと、地元民は感じているのです。

私も、今年の冬は大雪になるだろうと予想しています!

 

 

2019年雪はいつから降る?

先程、今年は暖冬の可能性が高いということを書いてきました。

雪がバカみたいに降ることは無いと思いますが、そうともいいきれません。

昨年のデータを見ながら地域別に初雪を予想してみました!

 

北海道

《11月末》

昨年は暖冬の影響で、北海道札幌市は128年ぶりの遅さとなる「11月20日」に初雪を観測しました。

以降の21日から函館や室蘭などの太平洋側でも初雪が予報されています。これは1876年の統計開始以来、1890年と並んで最も遅い観測です。

今年2019年も暖冬ということから、初雪が同時期になる可能性は高そうです。

 

東北地方

《11月末》

昨年は北海道と同様に、初雪が平年に比べて少し遅かったようです。

東北北部でも、今のところ初雪が少し遅れています。平年日は青森で11月6日、秋田では11月13日、盛岡では11月8日で、昨年は11月16日に、山形を含む4地点で初雪を観測しました。ところが、今年はまだはっきりとした雪の気配は見えていません。この週末以降は、寒気は段階的に流れ込む予想となっていて、遅くても来週末の3連休までには、東北地方の平地にも雪の季節がやってくるでしょう。

引用元:tenki.jp

昨年は11月末頃から東北地方の各地で初雪が観測されました。

もちろん地域によっては雪が積もったり積もらなかったりですが、雪が降るぐらい冷え込んでいるということは路面も凍って滑りやすくなっています。

10月末~11月初めまでにはスタッドレスタイヤに交換したりして雪対策をしましょう!

 

関東地方

《12月上旬》

昨年は前橋で12月11日に初雪を観測しました。

関東地方の気象台では少し遅めの観測ということで、今年も同じぐらいの時期を予想としてあげました。

関東地方では雪国と異なり、1cmでも積雪すると交通マヒが発生するため、雪には敏感かと思います。

前橋で12月11日だったので、東京などの都心部はもっと遅いでしょう。

なので今年はホワイトクリスマスをあまり期待しない方が良さそうです!

 

関西地方

《12月上旬》

関東地方同様、12月上旬を予想としてあげました。

2018年は12月9日に関西地方気象台が京都で初雪を観測しました。

関東地方より少し早い初雪ですが、あまり違いはありません。

何度も言いますが、昨年は暖冬で今年も暖冬です。

異常気象が発生しない限りは昨年と同じような傾向になりそうです!

 

九州地方

《12月末》

昨年は12月28日に福岡市・佐賀市・長崎市・熊本市で初雪を観測しました。

さすが暖かい地域なので初雪は日本全体で遅いです。

しかし初雪観測後、九州地方では珍しい冷え込みが続きました。

暖冬と言えど、冬は寒いので油断せずにしっかり防寒・防雪対策をしましょう。

 

 

地域別まとめ

ほぼ昨年と同時期に振るだろうと予測しました。

しかし天気はどう転ぶかは誰にも分かりません。気象庁や週間天気予報などをしっかり確認して、

自身の地域の天候を把握しましょう。

今年もあまり雪は降らないでほしいですね!

 

 

暖かくなるのはいつから?(地方別)

日本は縦に長い島国なので、地方によって気候は著しく変化します。

なので、地方別に「寒さがいつまで続くか」「いつから暖かくなるか」をまとめてみました!

気象庁の過去データとにらめっこしたので、少しは参考になるかと思います。

 

北海道

《5月~》

2020年の北海道はいつまで寒いのか。

例年2,3月はまだ厳しい寒さとなり、雪が降る地域も多数あります。

2020年も北海道の寒さはしばらく続く見込みで、4月でも雪が降る地域がありそうです。

雪が降らなくなっても、まだまだ寒い時期は続きそうなので、大体5月までは防寒対策をしていても良さそうです!

 

東北地方

《4月~》

2020年今年の冬は暖冬の可能性が高いと言われています。

2020年今年の冬は雪が降らない?暖冬の影響と降雪量を予想!

2019年9月2日

昨年2019年の冬も暖冬だったため、昨年と似たような傾向になるのではないかと予想しています。

2019年の冬は2月でも雪が多く降る地域が見受けられました。

3月の東北地方の平均気温が約10℃前後なので、地域によっては3月に春を感じられる暖かさが訪れる可能性があります。

もちろん、3月でも雪が降っているなどまだまだ冬の様子が続く地域もありますので、地域別詳細は「気象庁」か「天気予報」で確認してください!

※この記事はあくまで目安としてお伝えしております。

 

関東地方

《4月~》

関東地方は3月になると平均気温も高くなり、1ケタの気温は少なくなります。

しかし山間の地域ではまだ雪が降るところもありますので、注意が必要です。

関東地方の気象庁データから予測すると、4月あたまには寒さが無くなり春を感じることができそうになる見込みです!

 

中部地方

《4月~》

データを見た感じ、中部地方は関東地方とほぼ変わらない感じがしました。もちろん、地域差はあるので大体でしか言えませんが。

若干、関東地方と比べ暖かい気がするデータでしたが、誤差の範囲レベルでしか変わらないのであまり気にする必要は無さそうです。

 

関西地方

《4月~》

気象庁の過去データを見ている感じ、関東・中部より若干暖かい気がします。

ただ、上着や暖房が必要なのは変わりないほどの違いなので、油断せずに防寒対策はしっかりしておきましょう!

4月頃には一気に暖かくなり、平均気温も上がるので4月までがまんしましょう。

 

九州地方

《3月~》

九州は日本の中でも比較的早く暖かくなる地方です。

まだ1,2月は稀に雪も降ったりして冬の寒さが続きますが、3月頃になると春を感じられる気温の日がたまにあります。

しかし、雪国育ちで寒さに慣れたわたしの感覚と、暖かい気候の中で育った方の感覚は異なります。

私にとって暖かくても九州地方の皆様にとっては寒い!なんてことがある場合があるので予めご了承ください!

 

 

 

寒い冬にオススメ!暖房いらずの便利アイテムを紹介!

わたしも愛用しているLOWYAさんの着る毛布「グルーニー」がとても便利なんです!!

累計45万枚突破 楽天1位 着る毛布 毛布 グルーニー groony レディース メンズ かわいい おしゃれ ガウン あったかグッズ 洗える マタニティ パジャマ ルームウェア 男女兼用 静電気防止 フリーサイズ プレゼント

着る毛布というのは少し前から市場に出回っていましたが、グルーニーは着る毛布なのに全く邪魔だなと感じさせないんです!

もちろん、そのほかにもオススメする理由はたくさんあるのですが、私が購入を決めたのは以下の理由です。

  • 楽天人気NO1はやっぱり安心
  • 高評価レビューが多い
  • どうせ買うならちょっと良いものが欲しかった
  • 安すぎると心配だから、グルーニーなら丁度いい値段で安心だった
  • シンプルにおしゃれ
  • 多機能、高品質だから

他のお店の着る毛布シリーズを何度も比べて検討した結果、グルーニーを選びました!

単純に、デザインがおしゃれで気に入ったのが大きいですね!あと安すぎるやつは本当に暖かいのか心配だったので、最初から候補に入れていませんでした。

使用した感じ、かなり暖かいです!

新潟の厳しい寒さ(雪降っている日)でも、スウェットにこれを羽織るだけで暖房がいらないぐらい快適になりました!※個人的な感想です。

これが本当にありがたくて、私自身ストーブをつけたときのこもった感じが大嫌いだったので、ストーブをつけなくても良くなったのは本当に助かります。

引用元:LOWYA楽天市場店

本当に多機能で、着ているとじゃまにならないの?という心配もまったくありませんでした!

ご家族で揃えておしゃれに仲良くあったまるのも良し!恋人とお揃いにしてお部屋でまったりするのも良し!

非常に素晴らしい商品だと思います!

商品ページに詳しい説明が記載されているので、ぜひご覧ください!

 

売り切れの場合

楽天市場内でもランキングNO1を何度も獲得している超人気商品の「グルーニー」は、残念ながら売り切れになることもしばしば・・・。

しかし、楽天市場内には人気の着る毛布がたくさん!

その中でもグルーニーとトップを争う人気商品はコチラです!


着る毛布 モコア MOCOA 送料無料 ルームウェア レディース メンズ フリーサイズ もこもこ モコモコ かわいい 可愛い おしゃれ 着るブランケット フード付き 部屋着 パジャマ ガウン 秋冬 あったかグッズ 暖かい

こちらは超人気店モダンデコさんの着る毛布「MOCOAモコア」です!

こちらはグルーニーと比べて値段が安いので機能面で少し劣る部分はありますが、暖かさは保証されています! 

レビューも高評価が多いですね!いい商品で無ければここまで売れることはありませんから、間違いは無さそうです。

しかし、わたしはモコアではなくグルーニーを買ったので、性能の比較などができずに申し訳ありません!よ~く検討してご自身にあった着る毛布をお選びください!!!

 

 

まとめ

いかがでしたか?

少しまとまりが無い記事で読みづらく大変申し訳ございませんでした。

まとめですが、

まとめ

  • 今年の冬は暖冬の可能性が高い
  • 今の日本の気候を鑑みると、予測不能な豪雪の可能性は十分にあり

となります。

備えあれば憂いなし。という言葉もありますので、警戒して置いて損はありません。

わたしは冬に備えて、マイカーにスコップと板(雪にハマった時用)を揃えようと思っています!

皆さんも今から冬対策を進めてみてはいかがでしょうか!

 

さいごまでお読みいただきありがとうございました!

 

ぐっち

 




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です