スポンサーリンク

3日に1回麺を食べてる男が新潟のオススメラーメンをご紹介!

スポンサーリンク




はじめまして、ぐっちです!

今回はラーメン中毒の私が(3日に1回は食べてる)地元である新潟県でオススメのラーメン屋をご紹介させていただきます!

あくまで個人的な感想になるので、参考程度にしていただければと思います!

 

スポンサーリンク

 

こってり濃厚ラーメン部門

まずは私も大好きなジャンルである、こってり系ラーメンをご紹介!

順位などは無いので予めご承知ください。

 

麺作赤しゃもじ

《特製濃熟ラーメンしょうゆ》
¥880


撮影:ブログ管理人ぐっち

個人的に、今まで食べた新潟ラーメン屋ではトップクラスで大好きなお店です!

コスパ良し!味良し!サービス良し!と文句の一つもないお店でした。

レアチャー4枚に炙りチャーシューと味玉という圧巻の盛りですが、お値段が880円(大盛無料)と最高のコスパ!!

スープは豚骨魚介ダブルスープで、自家製の平打ち麺と共に押し寄せてきます!

麺、スープを楽しみながら胡椒の効いた噛めば噛むほど旨味がにじみ出るレアチャーシューと、ホロッと溶ける炙りチャーシューを食らいながら、極太メンマと味玉などトッピングもレベル高い!!

また、卓上にはめずらしい胡椒オイルというものが。個人的にかなり美味しい調味料なので、ぜひお試しください!

《住所MAP》
〒950-0833 新潟県新潟市東区下場本町1−47

 

にぼし中華廣はし

《濃厚にぼしちゃーしゅー》
¥990


撮影:ブログ管理人ぐっち

濃厚なにぼしスープのラーメンが味わえる長岡市にできた超新星。

個人的に新潟なら赤しゃもじ、長岡なら廣はし、という並びになっています(笑)

煮干しの旨味が溶け込んだ超濃厚スープにもちつるの太麺が絡み癖になる美味しさです。

チャーシューは口に入れた瞬間にとろけつつも、口一杯に広がる肉の旨さが最高です!

キクラゲ、玉ねぎ、三葉が良いアクセントになっており、濃厚なスープを飽きさせないどころかどんどん進ませてくれます!

つけ麺も美味しくて、実は廣はしさんで初めて食べたのがつけ麺だったのですが、衝撃的な美味しさで即ハマりました!

また食べに来たときは、濃厚にぼしそばを食べたらドはまりしてしまい、そこから長岡でご飯を食べようと思ったらいつの間にか廣はしさんの暖簾をくぐっています。。。

《住所MAP》
〒940-2112 新潟県長岡市大島本町2丁目11−24

 

麺屋だしだ

《だしだチャーシュー》
¥990


撮影:ブログ管理人ぐっち

新潟県東区に現れた超新星!

だしにこだわった!と店主は語っています。店内にはだしへのこだわり5か条のような物が掲載されていて、だしへのこだわりを強く感じることが出来ます。

だしだのラーメンの特徴といえばやはりスープです。豚骨と魚介のダブルスープで濃厚な仕上がりだが、食べ続けていても全く飽きがこない一杯。もちろん、薬味などのトッピングのお陰かもしれませんが、それでもこのスープはかなり深いスープであると言わざるを得ません。

また、店長オススメということでいただいた”だしだチャーシュー”ですが、写真を見て分かる通りかなり分厚く、そして炙られています。

食べてみたらビックリ!口の中で溶けていく柔らかさと絶妙な歯ごたえで、肉の旨味をこれでもかと感じさせてくれるチャーシューです!

チャーシューが分厚いため、ちょっと食べきれるか不安でしたが、気づいたら完食していました!

麺は細麺のパツンッとした食感で、濃厚なスープとの相性が抜群でした!

個人的にかなり大好きなラーメンでしたが、私の住んでいるところから遠いので、なかなか気軽にいけません。。。

《住所MAP》
〒950-0843 新潟県新潟市東区粟山4丁目33−1

 

ら~めん鯉次

《極盛り鯉次らーめん》
¥990


撮影:ブログ管理人ぐっち

こちらのお店は新規から常連さんまで、飽きさせない工夫が他店には無い魅力です。

それは毎週日替わりメニューを用意していることです!

ラーメン屋を経験しているわたしにとって、毎週違った新メニューをつくるのはとても真似できることではありません!

店主さんは色々なお店を経験して独立したとのことで、その経験を活かして様々なラーメンを提供しています。

そんな鯉次さんでわたしの大好きなラーメンが写真にもあります、極盛り鯉次らーめんです!

いわゆる二郎イズムといった一杯ですが、スープは魚介ベースでトッピングにも魚粉が乗っています。

さらにチャーシューは極厚炙りチャーシューで、肉の旨味はもちろん、かなり柔らかくて絶品です!

3枚入っていますが、もっと欲しくなるぐらい美味しいチャーシューですよ!

トッピングが多い印象ですが、食べている感じ、お互いが全く邪魔をせずに最後まで飽きずにすすれる至高のラーメン。

ちなみに
ちなみに鯉次という店名は、店主さんの子供が男の子だったらつけようと考えていたが、女の子が生まれたため店名にしたそうですよ!

《住所MAP》
〒955-0047 新潟県三条市東三条2丁目4−6

 

あっさりラーメン部門

続いてあっさりラーメンです!

個人的に行く頻度としたら、こってりに比べて少ないですが

たまに無性に食べたくなるのがあっさりラーメンです!

 

ラーメン店 恵比寿

《らーめん》
¥900


写真が無いためsnsから

新潟県五泉市の名店がこちらの恵比寿さんです。

毎日行列を作るこのラーメンは、見た目はシンプルながらもスープの深みが別格の一杯!

営業時間が11:00~13:30と、わずかな営業時間ですが、それでも大勢のお客さんを集めるということは、つまりそういうことです。。。(笑)

個人的な感想ですが、第一印象はシンプルなラーメンだなあというのが正直なところでしたが、スープを一口飲んでみると

他では味わったことが無い深みと旨味が押し寄せてきて、 並んで疲れた体が一気に回復しました!!

麺もスープと相性が良く、チャーシューは箸で持てないぐらいホロホロで、とっても美味しかったです!!

並ぶ価値、大アリです!

《住所MAP》
〒959-1857 新潟県五泉市石倉甲201−25

 

麺処 清水 三条店

《中華そば》
¥500

美しい麺線はまさに芸術。シンプルながら奥が深いスープと麺の相性はバツグンです!

パツン食感のストレート麺に煮干し強めのスープは好きな人、多いのではないでしょうか。

個人的にレアチャーシューがかなり好きで、結構うるさいのですが、

結論から言うと、文句なしのレアチャーでした!

噛めば噛むほどジュワっと広がる肉の旨味と、スープをまとったレアチャーは言うまでもないですね!

営業時間が16:00までなので注意です!

《住所MAP》
〒955-0022 新潟県三条市上保内乙289

 

味噌ラーメン部門

 

 

まとめ

いかがでしたか?

あっさり部門が、まだまだ勉強不足で申し訳ありません。

記事を下記ながら、意外とあっさりラーメン食べてないなぁと感じました(笑)

ここで紹介した以外にあっさりラーメンは食べたのですが、ちょっと紹介するほど好きではないかなって印象のラーメンでした。

何様って感じですけど、自分自身がこってり好きというだけであって、あっさりラーメンをディスるつもりは一切ありませんのでよろしくお願いいたします。

こってり部門は有名どころから新店まで紹介したつもりですが、まだまだ美味しいラーメン屋はたくさんあります!

この記事は参考程度にしていただき、あとはご自身で調べてみてください!

ラーメン屋をどこに行くか、考えているときが実は一番楽しかったりします(笑)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ぐっち




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です