スポンサーリンク

東北花火大会2019駐車場と交通規制は?穴場スポットや日程も!

スポンサーリンク




山形県米沢市の夏の風物詩、東北花火大会2019が今年も開催されます!

東北花火大会とえいば、10連発から100連発の打ち上げ花火と、米沢市のシンボルである吾妻山を表した全長200m、高さ20mの大迫力なナイアガラです!

例年、多くの人で賑わうこの東北花火大会で気になるのは、駐車場や交通規制、渋滞だと思います!

この記事は、東北花火大会2019の駐車場や交通規制、日程や穴場スポットをまとめましたので、ぜひ参考にしてください!

 

スポンサーリンク

 

東北花火大会2019の日程

開催日時 2019年7月30日(火)19:30~21:00
打ち上げ場所 JR米沢駅から徒歩15分、東北中央自動車道米沢中央ICから車で10分(無料駐車場まで)
打ち上げ数 3000発
打ち上げ時間 75分
前年の人出 13万人
駐車場 米沢市役所470台無料
最寄り駅 米沢駅
荒天の場合 小雨決行(荒天時中止)
お問い合わせ 0238-22-4411(米澤新聞社)

一夜限りの開催ということで、例年非常に混雑します。無料駐車場がありますが、午前中には満車になる恐れがあります。利用する方は朝イチで行動するよう心掛けましょう!

 

東北花火大会の見どころ(SNSまとめ)

東北花火の見どころといえば、やはりスターマインナイアガラでしょう。米沢のシンボル、吾妻山を表現した大迫力ナイアガラはそれだけでも見る価値ありのものです。

また、赤川の河川敷にはたくさんの屋台が並び、東北花火を見ながら、屋台グルメを満喫することができます!

花より団子の方から、地元民、観光客まで楽しめる人気花火大会です!

 

 

東北花火大会の駐車場

毎年多くの人が訪れる東北花火は駐車場の競争率は高め。東北は車移動がメインなので、車で来場する人が多いからです。

もし、無料駐車場を狙っている場合は、午前中には車を停めるようにしましょう!

《米沢市役所》
収容台数:470台
料金:無料

東北花火大会会場周辺には有料駐車場もありますが、当日は有料駐車場でも満車になることが予想されます。車で来場を予定している方は午前中に駐車できるようにしましょう!

東北花火大会の交通規制情報

《交通規制情報》
7月30日(火)
19:30~21:20
JR米沢駅から打ち上げ会場周辺道路で一部車両通行止め、一方通行。

東北花火当日は、会場周辺の道路に交通規制が敷かれます。
車で来場する方は、知らないと渋滞に巻き込まれたり、変な道に誘導されてしまう恐れがあるので、しっかり確認しておきましょう!

 

東北花火大会の穴場スポット

10万人以上訪れる東北花火大会。

混雑しているところで見たくない!って方は多いのではないでしょうか?私も人混みは苦手なので、少し遠くてもいいから空いているところで見たい人間です。

そこで、東北花火大会の穴場スポットをまとめたので、参考にしてみてください!

サクサプロアシスト駐車場

花火大会当日は駐車場を無料開放しています。駐車場内でレジャーシートなどを敷いて、足を伸ばしてゆっくり花火を見ることが出来ます!

 

ヨークベニマル米沢店

スーパーの屋上から花火を見ることが出来ます。花火大会で最も大事な食材とトイレの心配が無いため、非常に人気のスポットとなっています。場所取りはお早めに!

松川公園

会場から少し離れた穴場スポット。離れている分、人はあまりいませんが、東北花火の名物であるナイアガラなどが見えません!なので、ナイアガラはいいや!って方はこちらをオススメします!

 

まとめ

いかがでしたか!?

毎年10万人以上訪れる大人気花火大会、東北花火大会の情報でした!

私はいったことありませんが、大規模なナイアガラはぜひ一度見てみたいなと思いました!

わたしの地元である新潟とは隣の県なので、車で行こうと思えば行けるんですよね。ただ今年は平日開催なので厳しそうです!(独立しようかな・・・。)

以上、さいごまでお読みいただきありがとうございました!

ぐっち




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です