スポンサーリンク

ポケモンUSUMダブルバトルレートガチトリパの対策!

スポンサーリンク




こんにちは、ぐっちです!

今回は対策が難しいと言われているガチトリパの対策をご紹介していきたいと思います!

わたし自身、レートをはじめたばかりの頃は全く勝てず、最強パーティなのでは?と思っていました笑

しかし対策を知ってしまえば全く怖くないパーティになりますので、よかったら参考にしてみてください!

ガチトリパとは?

ヤレユータン、ミミッキュ、クレセリアなどでトリックルームを展開し、メガバクーダ、メガクチート、メガユキノオー、オニシズクモ、バンバドロなどのトリルエースで蹂躙してくるパーティです。

基本的にはメンタルハーブかエスパーZを持たせたヤレユータンミミッキュがトリル要員として使用されます。

というのも、ヤレユータンはとくせい:せいしんりょくでひるまないのでねこだましが効きません。また、耐久が高く一撃で落とすのは非常に困難です。ミミッキュは、ゴーストタイプなのでねこだましはこうかがなく、とくせい:ばけのかわでどんな攻撃も1回目は無効化します。

つまり、上記2体とねこだまし持ちを出せばトリルを防がれることはまずありません!

ガチトリパはトリックルームを貼らないと話しにならないので、全力で展開しに来ます。ガチトリパを絶対倒すつもりで組んだパーティではない通常のパーティでは、相手のガチトリル展開を阻止することは不可能です。

つまり大事なのは、トリルを貼らせないことではなく、トリルをどう流すか。が重要になってきます!

対策

ガチトリパの対策を説明していきます。

やってはいけないことはねこだまし持ちを倒すことです。相手にとってねこだましを打ち終えたポケモンは仕事が終わっているので早々にトリルエースへ交換したいからです。わざわざねこだまし持ちをこちらが倒してしまうと、トリルターンを最大まで残しながらエースが着地してしまうので絶対にやめましょう。ここで大事なのは、ヤレユータンorミミッキュに少しでもダメージを与えることです。

1ターン目

相手のねこだましは甘んじて受け入れて、トリル要員を集中しましょう。倒せなくても、ダメージを蓄積させておくことでトリルが枯れたとき、2回目のトリル展開を阻止しやすくできます。まもるは厳禁です。

2ターン目

トリル展開後、相手はトリルエースを着地させにきます。そこに合わせてこちらはねこだまし持ちを着地させましょう。交代しなかったポケモンは、まもるを選択せずに攻撃しましょう。

3ターン目

トリルエースにねこだまし、味方ポケはこうげきです。

4ターン目

しばられているポケモンがいたらまもります。ヤレユータンのさいはいに注意しましょう。

5ターン目

交代などをしてトリルエースの攻撃を受けます。

 

このムーブがうまくいけば、相手のトリルエースの攻撃は1回しか受けません。あくまで理想論ですが、結構きまります。トリル前半のこうげきしているところはみがわりがあればかなり試合を有利に進めることが出来ます。

トリルを枯らせば、上から蹂躙しましょう。トリル再展開をさせないよう、1ターン目でダメージを与えておいたのがここで効いてきます!

初手がねこだまし要員ではなく、高速アタッカーの場合でもやることは変わりません。ただ、トリルエースだった場合はトリル要員を集中して倒しましょう。

まとめ

以上ですが、この動きをしていれば絶対勝てる!というものではありません!

大事なのは、トリルを阻止するのではなく、トリルを流すこと!

なので、トリルを流すためにねこだましやみがわり、このゆびとまれなどや交代で流せれば何でもいいんです!

ガチトリパの動きは読みやすいので、あとは実践経験を積んで、自分なりの対策を見つけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

ぐっち




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です