スポンサーリンク

ポケモンUSUMダブルバトルレート厨ポケメガボーマンダの対策!

スポンサーリンク




こんにちは、ぐっちです!

今回はメガボーマンダの対策についてお話ししていこうと思います!

メガボーマンダといえば、2018年日本全国大会の優勝、準優勝のパーティに入っていたポケモンですね!フェアリーがはびこる7世代にドラゴンタイプをうまく使用して立ち回る様は、さすがトッププレイヤーだなと感じさせられました。

そんなメガボーマンダを紹介します!

メガボーマンダとは

まずはメガボーマンダはどういったポケモンかを知りましょう。知れば知るほど壊れた性能を感じてしまいますが、気圧されず落ち着いていきましょう(笑)

メガボーマンダ
ドラゴン・ひこう
とくせい:スカイスキン
H95 A145 B130 C120 D90 S120

はい。おかしいですね笑

とくせい:スカイスキンでおんがえしやすてみタックル、ハイパーボイスといった強力なノーマル技がひこうタイプになり1.2倍の威力で放つことが出来ます。もちろんそこからタイプ一致補正がのるので、すてみタックルの威力は120×1.2×1.5=216と、よくわからない数値になります。

また、現環境でよく見るガオガエン・ランドロスのダブル威嚇パーティに強いです。というのも、ガエンランドからマンダに有効な打点は無く、無振りでお化け物理耐久のメガマンダはランドのいわなだれでさえ、確定4発ぐらいです。(調整によりけり)

そんなメガマンダの耐久面は異常で、メガシンカ前はとくせい:いかくにより、B種族値が実質195あるようなものです。H95、D90と、特殊耐久も決して低い訳では無く、不一致れいとうビームなら耐えてしまうほどです。シングルバトルでは、メガマンダの耐久にフォーカスした”どくはね型”が使用されています。

素早さ種族値120もあり、メガゲンガーやカプコケコなどいわゆる130族以外には基本的に先制できると考えていいでしょう。

こんな伝説級のポケモンをレートで使用できるので弱い訳がありません。

ただ、扱いは非常に難しいです。扱いが非常に難しいポケモン=対策されやすいポケモンなので、そこをうまく突いていきましょう!

メガボーマンダの弱点・対策

伝説級の性能を誇るメガマンダを止めるすべは無いと思いませんか?

りゅうまいを積まれて、威嚇持ちがいないor倒された場合はありません。なのでメガマンダのりゅうまいは何としてでも阻止しましょう。また、積まれたとしても威嚇を回して火力だけはそぎ落としましょう。でないとおんがえしされているだけでパーティが崩壊します。

ですがメガマンダの注意する点はその一点だけなんです。

7世代はカプが入って当たり前の大フェアリー時代なので、自然と対策がなされます。いくらメガマンダといえど、テテフレヒレのムンフォ、コケコのデンキZを食らえば大ダメージを受けます。

また、ガエンランドのダブル威嚇やパーティに1体はかならず威嚇がいる時代なので、メガマンダの火力を抑えることが出来ます。

つまり、いかくをいれながらメガマンダにりゅうまいをされないようフェアリーやこおり技を持ったポケモンで倒す!シンプルですがこれが基本的な対策となります。

え?これだけ?と思うかもしれませんが、伝説級の性能を持つマンダにはこれぐらいしか弱点はありません。ただ、上記対策事項はメガマンダを意識せずパーティを組んでも自然となされるほど、現環境がマンダにむかいかぜなのです。

ポイント
メガマンダは物理耐久が異常なので、とくしゅで攻めましょう!

メガマンダ対策にオススメのポケモン

クレセリア

言わずと知れた耐久お化けポケモン。

メガマンダの1舞すてみタックルを等倍なのに必ず耐えれる耐久と、返しのれいとうビームで反撃できるところです。またダブルバトルではこごえるかぜで、すばやさ操作をしつつメガマンダに4倍弱店を入れ込むことができますので、メガマンダからしたら非常に厄介なポケモンでしょう。

スカーフテテフ

フェアリー環境トップクラスのポケモン。

基本的に素早さが負けていますので、上からおんがえしやすてみタックルで吹き飛ばされます。(物理耐久は無い)しかし、スカーフを持たせることでメガマンダの上からムーンフォースを入れ込み確定1発で持っていけます。ちなみにHD特化メガマンダでさえ、テテフレベルのムンフォは耐えれませんので覚えておきましょう。

サンダー

メガマンダを封じれる優秀ポケモン

メガマンダの基本打点であるひこうタイプをいまひとつで受けれて、返しのめざ氷で反撃可能。さらに耐久の高さを生かして、安心して受けだすことも可能です。相手はサンダーを倒しに躍起になりますので、サンダーは大事に立ち回りましょう。

ポイント
何度も言いますが、メガマンダは伝説ポケモンレベルの性能を持っているので、有利だからと言って悠長なことはせずにさっさと倒しましょう!

まとめ

いかがでしたか?

意外と対策しやすい?メガマンダでしたが、現環境がむかいかぜなだけで、環境が変われば一気に手が付けられなくなります。

あくまで噂ですが、新作の8世代ではフェアリー時代の終焉を迎えると言われていますので、ちゃっかり大暴れしそうな予感はしています。

わたしはメガメタグロス使いなので、メガマンダと相性はいいはずなのですが、レート上位のマンダ使いにボコボコにされた経験がありますので参考までに。笑

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントお待ちしております!

ぐっち




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です