スポンサーリンク

ポケモンUSUMダブルバトルレートの番人ランドロスの対策!

スポンサーリンク




こんにちは、ぐっちです!

今回はダブルバトル使用率上位常連の“ランドロス”の対策について解説していきたいと思います。

型が豊富で対策はむずかしそうに思えますが、あることさえ封じれば案外、楽に対処することができます!

ランドロスとは

ランドロスとは第5世代から登場したポケモンです。対をなすボルトロスもレート対戦ではかなり使用されているポケモンです。

ランドロスはフォルムが2種類ありまして、基本的にはれいじゅうフォルムと呼ばれる姿をしたランドロスがほとんどです。

というのも、れいじゅうフォルムの特性いかくがかなり優秀なので、今回はれいじゅうフォルムにフォーカスしていきましょう!

 

ランドロス(れいじゅうフォルム)
じめん・ひこう
H89 A145 B90 C105 D80 S91
とくせい:いかく

強み

・1体でじめん・でんきの一貫切りが可能
・タイプ一致全体技のじしんが強力
・とくせい:いかくにより、出すだけで相手のこうげきを下げれる
・いわなだれ、とんぼがえり、ばかぢから、はたきおとすなど優秀な技を覚える

上記が大体強いと思われる部分です。(ほかにもたくさんありますが、)こいつ1体で大体のパーティの補完ができるぐらい優秀なポケモンです。

また、スカーフ、Z、とつげきチョッキ、いのちのたま、きあいのタスキなど型も豊富です。初見で見極められるのはスカーフかスカーフじゃないかぐらいですが、うまい人はそれをうまい事隠して立ち回ってくるので注意です。

基本的にはスカーフを警戒して立ち回るのがいいでしょう。相手がまもるをしてきたらZクリスタル持ち、素早さが遅ければとつげきチョッキを警戒しましょう。見分け方はこんな感じでいいと思います。ただ稀にきあいのタスキやいのちのたま、フィラ系のみをもつランドロスもいるので頭の片隅に入れておきましょう。

対策なんてできるの?と思うぐらい強いですが、1点だけ気を付ければ某炎ネコレスラーより簡単に対処可能です!

対策

とにかく一番気を付けなければならないのが、こうげき種族値145から放たれるタイプ一致全体技のじしんです。いかくもいれず、等倍で受けたらそれだけでパーティが半壊するなんてざらです。

つまりじしんをうたせないように、ひこうタイプやふゆうなどでじしんの一貫を作らないようにしましょう。

ただ、じしんは味方にもダメージが入りますので、相手にも多少の条件はあります。そのすきに有利対面を作ったり、いかくを入れてこうげきを下げれば比較的簡単に対処することができます。

あとは警戒するほど脅威な技はありません。
というのも、ランドロスのメインウエポンであるじしんさえ抑制していれば、大したダメージは食らいません。というのも、いわなだれは不一致ダブルダメージなのでいりょくは激減。ばかぢからは1度受けてしまえば、ランドロスのこうげきとぼうぎょが下がるので機能停止します。

唯一、ランドロスの弱点はタイプ一致技がじしんと、使いづらい技しかないため、じしんさえ抑えれば比較的かんたんに完封できます。ただ、いわなだれを何回も打たせるといつかひるむし、蓄積ダメージもばかにならないので、早めに処理するに越したことはありませんので注意してください。

注意
ダブルバトル最強の技といわれる”いわなだれ”には要注意!ひるまされまくって負けなんてザラにあるので、いかくを入れたからといってうたせすぎるのはやめましょう!

まとめ

ランドロスの対策をまとめると、
じしんを抑えて、いかくをいれて機能停止させろ!です。

相手はとんぼがえりや交換で勝手にサイクル回してくるので、冷静に対処していきましょう。過度な集中は禁物です!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

ぐっち




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です