スポンサーリンク

ポケモンUSUMダブルバトルレート最強ポケモンガオガエンの育成論!

スポンサーリンク




こんにちは、ぐっちです。

今回はダブルバトル最強ポケモン”ガオガエン”の育成論をお話しできればなと思います。

ガオガエンについては、以前に対策記事を書いたので、そちらも合わせて見ていただければと思います。

ダブルバトル最強ポケモンガオガエンの対策!

2019年5月17日

 

基本情報

まず、ガオガエンの基本情報をサッと確認しましょう。

ガオガエン
ほのお、あくタイプ
とくせい:もうか、いかく
種族値:H95 A115 B90 C80 D90 S60

優秀な特性いかくと、パーティに不足しがちなほのお、あく打点を補えてさらにねこだまし、とんぼがえり、はたきおとすを覚える超エリートポケモンです。

また、耐久面がかなり優秀で、並大抵のこうげきでは倒されませんから、最低限の仕事は必ずこなしてくれるポケモンです。

そんなガオガエンのメジャーな型は3通りありますので、順番に説明していきたいと思います!

 

きのみガオガエン

はじめにもっとも使用されているであろう、きのみガオガエンを紹介させていただきます。

きのみガオガエンとは、最大HPの4分の1以下になったときに最大HPの半分回復するきのみを持たせたガオガエンを指します。ピンチベリーとも呼ばれるフィラのみやバンジのみを持たせたガオガエンは覚える技とも噛み合い、非常に使いやすい型となっています。

努力値振りですが、きのみを効率よく発動させるために、HPは実数値200(238振り)にするのが鉄板でしょう。
次に素早さですが、ねこだましは素早い方が有利なので少し振りましょう。
ですが、あまり意識しすぎても意味ないですし、あえて無振りにして相手のガオガエンより遅くとんぼがえりをして有利対面を作っていく。なんて手もあります。(わたしはそうしてます)

あまりはこうげきに振るか耐久に振るかは好みになります。
一番ベターなのは、ねこだまし+フレアドライブでカプコケコを落とせるぐらいに振って余りをDに振るですね。

ポイント
ぼうぎょはいかくがあるのであまり気にしなくてよい

最後に技構成ですが、フレアドライブ、ねこだまし、はたきおとす、とんぼがえり、ねこだまし、バークアウト、まもる、DDラリアット、けたぐりなど有用な技をたくさん覚えるので、好みに合わせて選んでみてください!個人的にはねこだまし、とんぼがえり、はたきおとす、フレアドライブかなと思います!

 

とつげきチョッキガオガエン

2番目に使われているであろう、とつげきチョッキを持たせたガオガエンです。

とつげきチョッキとは、持たせたポケモンのとくぼうが1.5倍になるかわりに攻撃技しか行動できなくなるどうぐです。物理にはいかくを、特殊にはチョッキで両方対応できる、耐久に特化したガオガエンとなります!

努力値振りですが、先程のきのみガオガエンと変わってHPは奇数にしたほうがいいです。奇数にしたほうが、天候ダメージや毒、やどりぎといった定数ダメージで少なく受けることができます。わたしのガオガエンはHPを実数値201(246振り)であまりをこうげきと耐久に振った型を使用しています。

技としては、とつげきチョッキの効果で攻撃技しか採用できませんが、まもるを入れるスペースが無いくらい、できることがたくさんあるのであまり影響はないかなと思います。

立ち回りは、とつげきチョッキと自身のいかくにより、安定して受けだすことができます。対戦中は何度も使いまわして、相手を疲弊させていきましょう!

 

Z技ガオガエン

最後に攻撃型のガオガエンをご紹介。

上記2つのガオガエンがメジャーすぎるため、多くのプレイヤーはガオガエンから強力な一撃が飛んでくることは無いと油断します。そこをついて相手に予想外のダメージを与えてプラン崩壊させることができる、いわば奇襲型のガオガエンとなっています!

努力値振りは、最低限の火力とすばやさを確保し、あまりをHPに割くのがメジャー。

技構成は、2パターンあって、どのZを採用するかで大きく変わっていきます。

クレセリアを1撃で吹き飛ばせる、ガエンZ型は、DDラリアット、フレアドライブ、ねこだまし、まもる

無振りリザードンYを吹き飛ばせる、ホノオZ型は、フレアドライブ、はたきおとす、ねこだまし、まもるがメジャーです。

正直、Zにのせる技以外は自由なので、無難なところを紹介しました。まもるに関しては、ガエンのまもるは読まれにくいため、ガエン集中読みのまもるはめちゃめちゃ強いので、ぜひ使ってみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

以上3つのガオガエンが、わりとメジャーな育成論となります。

どう使っても強いポケモンで、パーティに1体は必要なぐらいです。

育てておいて損は無いので、育ててみてください!

 

ぐっち




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です